« ドクターデー☆ | トップページ | キリ番突破☆ »

2006年3月16日 (木)

血液検査の結果。

今日、心療内科のドクターデーの後、先週の血液検査(ホルモン検査?)の結果を聞く為に婦人科に電話したんです。

婦人科のセンセからは『プロラクチン値が高い』と言われた。
今まで検査で引っかかったコトのない私は結構ショックでしたね。

今の時代はインターネットでなんでも調べられる時代です。
そんな訳で調べてみました。

ちなみに気になるトコは『』でくくってます。
私の数値は72でした。
            
            
『プロラクチン』というのは脳下垂体から放出される刺激ホルモンで、乳腺を刺激して乳汁を分泌させるように働きますが、このホルモンの分泌が異常に亢進して乳汁分泌、無排卵月経などを起こすようになったもの『高プロラクチン血症』といいます。

プロラクチンの血中濃度の『正常値はおよそ15ng/ml以下ですが、プロラクチン血症ではこれが異常高値を示すようになります。

プロラクチンが多量に分泌されると卵巣での排卵が抑えられてしまい、その結果『生理が止まってしまう』場合が往々にしてあります。
プロラクチンの分泌がさらに増量すると、生理が止まるだけでなく、子供を出産したことがないのにお乳が出てくるということになります。

このような現象が起こるのは、流産後や人工妊娠中絶後、脳下垂体に腫瘍がある場合、胃潰瘍の治療による場合や精神科で治療を受けている場合ドグマチールという薬の場合が多い)などがありますが、原因が不明である場合もかなり多くのケースで見られます。

脳下垂体に腫瘍がある場合にはもちろん手術の対象となるわけですが、このケースでは自覚的症状として頭痛、吐き気やめまいといった症状のほかに、視野の狭窄が起こる場合が多いようで、具体的には両目の外側から視野が狭まって来るようになります。
このような自覚がある場合には、脳神経外科を受診するのが良いでしょう。

高プロラクチン血症に対しては脳腫瘍を除くとパーロデル、パロラクチン、テルロンなどの投薬を行うのが普通で、『不妊症の方』に対してはプロラクチンの値が正常であってもこれらの投薬を行うことにより『妊娠する率が高くなること』も知られています。
 
投薬をどれくらい続けなければいけないかについては、個人差がありますので何とも言えませんが、通常一日二回の内服で一週間以上投薬すれば正常値になることが多いと思います。
しかし、投薬を中止すると再上昇することもまれではないため、
服用を中止したあとでも何度か測定してみた方が良いでしょう。
            ↓
            ↓
            ↓ 
            ↓
私の場合は腫瘍はないし、頭痛・めまい・吐き気や視野の狭窄もありません。
もちろん流産後や人工妊娠中絶後も経験がありません。
ただ、心療内科に通い、胃腸が弱いので胃潰瘍の治療にも使う薬を長いコト服用しています。
センセに止められたのは『ナウゼリン』『ガスター』でした。

確かに心療内科でも『影響が出るとしたら胃薬ですね』とは言われていましたがまさかこんなにハッキリでてしまうとは思ってもいませんでした。

去年心療内科でドグマチールを処方された時も婦人科のセンセに止められたので抗ウツ剤に関してはかなり神経質になってたんですけどね。

やっぱり『胃薬』だったかぁ・・・。

とりあえず、今夜から胃薬は止めます。
別になくても大丈夫かなとは思ってたんだけど、なんとなく飲むと安心☆って感じで飲み続けてしまっていたんだよね。

それにしても標準値の約5倍を叩き出してしまった私。
これからは、安定剤と入眠剤とホルモン剤だけにしよう。

あぁ~。今月はもう病院に行かなくてもいいと思ったのになぁ。
しかも来月またしても数値を調べる為に『採血』ですゎ(泣)
前向きに考えれば『今』分かってよかったのかも。
ちょっと遠回りかもしれないけど、これでまた少しだけ赤ちゃんに近づいたのかもしれない。

|

« ドクターデー☆ | トップページ | キリ番突破☆ »

コメント

res:まめ大福さん☆

こんにちわww初めまして♪

潜在性高プロラクチンですかぁ。なんか・・・。
私、血液検査で引っ掛かったコトなかったから今回は結構凹みました。
まめ大福さんのブログも拝見しましたが大変そうですね(汗)

テルロンって気持ち悪くなるんですね。
私はまだプロラクチンが高いと判明しただけなので胃薬を飲まずにしばらく様子を見る段階です。

私は心療内科にも通っているので何かと薬が多くなりがちなので、胃薬も無意識に当たり前のように飲んでいました^^;

私も早く子供欲しいんだけど・・・。

投稿: えのっち | 2006年3月17日 (金) 13時45分

初めましてまめ大福です。
わたしは潜在性高プロラクチンと言われたことがあります。
(潜在性の意味がよくわからないのですが)
それでテルロンを服用していたのですが、あれは気持ち悪くなりますよね。
お医者さんも胃に負担をかけるからと、服用を止めました。
また子づくりできるようになったら服用するかも・・・

投稿: まめ大福 | 2006年3月16日 (木) 16時17分

res:くりにゃーさん☆

出てないよぉ~。

投稿: えのっち | 2006年3月16日 (木) 12時47分

結果がわかって良かったですね。不整出血やら、いろいろと症状が出てたみたいですから、お薬の副作用だって、はっきりわかって、対応もわかって良かったです。
お乳、出てきてたのかなー。

投稿: くりにゃー | 2006年3月16日 (木) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99258/9111519

この記事へのトラックバック一覧です: 血液検査の結果。:

» ★ 不妊用語 ★ プロラクチンとは [不妊 治療の世界]
プロラクチンとは、母乳を出すための脳下垂体ホルモン。 このホルモンが妊娠中でも授乳中でもないのに多量に分泌され、排卵が起こりにくくなったり、卵巣機能不全を起こし、流産等を起こしやすくする病気。 原因は脳下垂体腫瘍や薬(精神安定剤など)によるもの、ストレス....... [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 04時57分

« ドクターデー☆ | トップページ | キリ番突破☆ »