« ってコトでもうすぐキリ番☆ | トップページ | T氏に呼び出された(後編) »

2006年6月 2日 (金)

T氏に呼び出された(前編)

今日は6時から仕事だったんだけど意外に忙しかった。
でもT氏は『案の定』事務所にこもる。

先週のデカイ宴会2発とか、その他モロモロで私の不満は頂点に達していた。

つまり、T氏に対しての態度は相当悪かった。

私の場合、身内に対しては露骨に顔に出るし、基本的にT氏を私の視界から抹殺していたのでT氏もさすがに気付いてたらしい。

つか、気付かない方がおかしいけど(プッww)

今日はね、7時から22名の宴会が入ってて、私が予約を取ったものだったので『当然』担当する気でいた。

幹事サンに挨拶して段取り決めて・・・そう思っていた。

たまたまお客さんの集まりが悪くて幹事サンに挨拶出来なかったんだけど、気付いたらT氏がレジで幹事サンと話してた。

がっ。

全く何も言われなかった。

そもそもスタッフが上司に報告するのは当たり前だけど、上司もスタッフに情報を伝えるのは当たり前だと思う。

でかいレストランだったら、そのセクションのスタッフだけに伝えればいい。
でもウチの店はデカくないし、ホールスタッフ全部で4人しか居ないんだよ。

それならスタッフみんなで情報を共有しないと訳分からなくなるじゃない。

今日もキッチリ苛々モード全開でしたとも。

宴会のお客さんには申し訳なかったけどT氏に任せました。

ホール自体は最初こそバタバタしたけど、結果的にはヒマでした。

宴会のお客さんは、なんやかんやで全員揃ったのが9時頃(つか、ドリンクのラストオーダーの時間だし 汗)

ほとんどのみなさんが遅れて来たコトもありラストオーダーも30分ほど延びました。

でもT氏は『ラストオーダーだけど遅れて来た方がたくさんいたからまだ取らないで』とは言いましたが、何時になったら取りに行けとか的確な指示はなかった。

なので放っておきました。

ホールのお客さんのラストオーダーの時間が近付いて来たので私はデシャップの片付けを始めた。

チーフがあがりで居たので片付けながらT氏の話で盛り上がる。

私も怒りがMAXだったので今までの話をし、チーフも色々な話をした。

結論は『お前(私)本社に連絡入れろ』って(笑)
確かに私は彼がぶっ飛ぶネタをたくさん持ってるけど、それで一生恨まれるのもねぇ(^_^;)

チーフは『誰かが布石を置いてくれないと動けない』と言っていた。

本気で考えてみようかな(ぼそっ)

そう思っていた。

チーフが帰り、デシャップの片付けも一段落した時点で10時20分。

宴会のお客さんが帰りそうな様子は全くない。

だからT氏に『声掛けてないですよね?』と確認して、閉店時間だけでも伝えに行こうと思ったら

> だったらお会計もらって来て!

と言われた。まぁ、別にいいけど。

でも行って大正解だった。
お客さんに閉店時間を伝えたら『えっ!そんなに早いの!?』って。
結局お帰りになったのは11時前でした。

ホールのお客さんはすでに全員帰られて居たので、私とK藤クンとT橋ちゃんで急いで片付けに取り掛かりました。

私とT橋ちゃんは1枚ずつゴミ袋を持ち、皿をまとめながら『燃えるゴミ』と『生ゴミ』を捨て、K藤クンはグラスを下げた後に皿を下げる。

私はテーブルクロスを引っぺがし、ランチ仕様にテーブルの移動&セッティング。

T橋ちゃんは洗い終わった皿を拭いてしまい、K藤クンはグラスを洗ってしまう。

途中からT氏もやって来た(来なかったら確実にチーフの作戦を実行してたね)

なんやかんやで11時20分に終了。

さてとみなさん帰りますか♪

と思ったら私だけ『話がある』とT氏に呼び止められた・・・。

|

« ってコトでもうすぐキリ番☆ | トップページ | T氏に呼び出された(後編) »

コメント

おやおや、剣呑ですな。
反乱軍、とみなされたのでしょうか。
自分可愛い、保身タイプの人ですから、自分に反乱する分子は捨て置けないのでしょう。
心の狭い人って自分がどうなっているかもわからずに、反対する人を斬り捨てようとするから、組織としては破綻に近づいてしまうのだけれども。
無能な上司にYESマンばかりの部下、て、一番簡単にだめな組織になる構図なんだけどな。
さてさて、えのっちさんの明日はどっちだ。

投稿: くりにゃー | 2006年6月 2日 (金) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99258/10355420

この記事へのトラックバック一覧です: T氏に呼び出された(前編):

« ってコトでもうすぐキリ番☆ | トップページ | T氏に呼び出された(後編) »