« マジでウザス(-.-;) | トップページ | ヒマだった。 »

2007年1月20日 (土)

実家のワンコが旅立ちました。

060327_1352 先週の水曜日に『昨夜からミモが歩けなくなって、みんな仕事だから看に来て!』と言われて実家に行った。http://enoeno.cocolog-nifty.com/hatahito/2007/01/post_2571.html

その前の週に『あと2~3日かも』って言われていたので、歩けなくなってたけど元気そうだったので安心していた。

昨日いつもの通り1時半頃帰宅して→ダーリンの朝めし作って→ネット見て→そろそろ寝ようかなって思ったらケータイがブーブー言ってた。

母からだった。

>ミモが、3時15分に旅立ちました。昨日からほっさがあり、とうとう3度目の発作で逝ってしまいました。良く頑張っていたが、最後は、余り苦しまずに、見えました。長い事有難う御座いました。

涙がこぼれた。そして今この日記を書きながらも涙が溢れる。
私がダーリンと結婚してから実家にやって来たので一緒には暮らしていないのだが、やはり家族の一員が居なくなるってのは辛いね。
ミーちゃんはある家で飼われていたんだけど、飼い主さんが高齢で入院するコトになったのでウチにもらわれて来た。
ウチに来た当初は体力もなく痩せていて、フローリングを歩くのも大変だった。
でも、食べ物に対しての執着心は相当なモンで、いつのまにやら元気になって散歩の時もピョンピョン跳ねるようになっていた。

病気はしていたんだけどね。

でも、そんなコト忘れてしまうくらいの食欲旺盛っぷり(笑)
ウチに来て初めての冬。雪の中を散歩に連れて行ったら、雪の積もった公園で嬉しそうに雪をバクバク食べていたっけ(失笑)
それよりも何よりも、私のミーちゃんの思い出で欠かせないのはやっぱり『ウ○チ』かなぁ(^-^;)
たまに実家に帰ると私が散歩に連れて行くんだけど、いつもそんなにしないよって言われるくらいウ○チしまくるんだよぉ。
でさ、出し終わると『あたしゃ知らないよ!』ってな顔してどんどん先に行こうとする(オイッ!)
そうかと思うと、一応犬の本能なのかたまぁ~に土をかける行動をするんだけど、残念ながらそこはコンクリートだし、そもそもアンタ、あさっての方向に向いてますけど(^-^;)

年末から体調が悪いのは聞いていた。
確信したのは大晦日。
どんなコトがあっても食欲だけはある彼女が、散歩の後のエサに見向きもしなかった。
さすがにコレはびっくりしたよ。だってそんなの見たコトないもん。

5日後体調悪化。
5日後歩けなくなる。
10日後空へと旅立っていった。←この『旅立っていった』って言葉を書くとつい涙が溢れる(A;´・ω・)フキフキ

歩けなくなった頃からみんな覚悟はしていたと思う。
だから、いつもはおやつもそんなにあげなかったんだけど、いつまで生きていられるか分からなかったから食べたいモノを好きなだけあげていた。
ミーちゃんも『なんでこんなにくれるんだろう??まっ、いっか♪』って思ってたんじゃないかな(笑)

これからは実家に帰ってもミーちゃん居ないのね。
淋しいなぁ。
でも、一番心配なのはミーちゃんをとっても可愛がってた父。
今までニャンコを飼ってたんだけどオスだったからそんなに甘えて来なかったが、ミーちゃんは女の子だったから父にも甘えたり遊んでくれてた。
そんな彼女が旅立ってしまった今。父は大丈夫なのだろうか。
今日は両親のお店が休みだからきっと涙の1日になるんだろう。
ガックリ来なければいいのだが。
離れて暮らす私でさえ結構辛いのに、一緒に暮らしていた両親はもっと辛いだろう。面倒見てあげていた妹もショックだろう。

でも、痛みや苦しみから解放されたミーちゃんには、お空の上で思う存分走り回って食べまくって欲しいです。あっ、でも、お腹は空かないのかしら?

ミーちゃん、今までホントにありがとう。楽しかった。さようなら。

|

« マジでウザス(-.-;) | トップページ | ヒマだった。 »

コメント

res:ウマウマイエーさん☆

そうなんです。旅立ってしまいました。
でも、痛かったり辛かったりしたのであれば
その苦痛から開放されたのかもしれないので
これでよかったのかなって思います。

それにしても彼女はかなりの『演技派』でした。
や、たぶんホントに苦しかったのかもしれないけれど、動けないクセに片方の手を私に差し出して口をパクパクさせて何かを訴えていたかと思ったらウ○チ(苦笑)
私の前ではグッタリしちゃって『もうダメ…』って感じだったのに、母が帰宅した音にクルッ♪と反応しちゃって。アンタ…(^-^;) みたいな。

そうですね。もしかしたらあの時、彼女なりに頑張って元気に振舞ってたのかもしれませんね。
お陰で私の記憶には元気な彼女しかありません。
フッと悲しくなるコトもありますが、彼女の為にも元気出して頑張りたいと思います(にっこり)

ありがとう☆

投稿: えのっち | 2007年1月22日 (月) 02時05分

こんばんわ。

ミモちゃん亡くなられてしまったんですね。

自分も昔飼っていたイヌが老衰で逝ってしまった経験があります。

やはり最後の頃は目も見えなくなり、歩くのもおぼつかない状態だったんです。
でもある日自分が学校に行こうと玄関に行ったらロン(イヌの名前)が自分のところまで寄ってきたのです。
「突然どうしたんだろう?」とそのときは思いましたが、それがロンとの最後の別れでした。
今思えばきっとアイツなりに頑張って最後の挨拶をしに来たんだろうなと思います。

先日ミモちゃんが元気に振る舞ってたのもきっと同じことだったんじゃないかな。
えのっちさんも元気出してくださいね。

ではでは~

投稿: ウマウマイエー | 2007年1月22日 (月) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99258/13585282

この記事へのトラックバック一覧です: 実家のワンコが旅立ちました。:

« マジでウザス(-.-;) | トップページ | ヒマだった。 »